new-wug-hero

ハードウェア監視

WhatsUp Gold を使用すると、ハードウェア機器の潜在的な問題を検出し、修復することができます。

ネットワーク機器の物理的な状態を確認

サーバーがオーバーヒートしたり、ネットワークルームの室温が高過ぎたりすると、機器が故障したり劣化が加速したりする可能性があります。サーバーやネットワーク機器のベンダーは、その可能性を知っているので、温度や電源などの物理的な状態を報告できるプローブを追加しています。

WhatsUp Gold は、これらのハードウェア機器からの測定値を追跡し、監視することができます。物理的な状態に関する SNMP MIB オブジェクトを公開している機器については、簡単にカスタム監視をセットアップできます。WhatsUp Gold が現在サポートするハードウェア監視には以下が含まれます。

アメリカンパワーコンバージョン (APC) の無停電電源装置 (UPS)

APC アクティブ監視は、60 種類以上のパラメータを即座に監視します。APC UPS デバイスが、選択したしきい値に達するか超過した場合、出力状態に達したとき、および/または異常な状態が検出されたときにアラートが送信されます。APC パフォーマンス監視を使用すると、すぐに出力電力使用量を監視できます。APC UPS が検出されると自動的に監視され、ステータスは、ワークスペースレポートのグラフを介して提供されます。

温度

WhatsUp Gold は、Cisco のスイッチとルーター、Dell のサーバー、HP の Procurve スイッチの内部デバイスの温度測定値、Ravica の外部温度測定デバイスからの測定値を取得します。

ファン

WhatsUp Gold は、Cisco のスイッチとルーター、Dell のサーバー、Dell の PowerConnect スイッチとルーター、HP の Procurve スイッチから、内部ファンステータスを自動的に取得します。

電源

WhatsUp Gold は、Cisco のスイッチとルーター、Dell のサーバー、Dell の PowerConnect スイッチとルーター、HP の Procurve スイッチから、内部電源のステータスを自動的に取得します。

プリンタ

プリンタのアクティブ監視は、IETF Pronter MIB、RFC 3805 をサポートするプリンタを監視します。Printer MIB をサポートするプリンタには、あらかじめ設定されたアクティブ監視が自動的に割り当てられ、インク/トナーのレベルなどの監視が行われます。

問題解決のシナリオ

WhatsUp Gold を使用すると、ハードウェア機器の動作状態が最適でなく、問題を起こしかねない状況を検出して、解決につなげることができます。

  • WhatsUp Gold は、UPS のバッテリー容量が設定されたしきい値を下回った場合、バッテリーの温度が高い場合、またはバッテリーの過負荷状態が原因でバッテリーがバイパスモードになっている場合にアラートを送信します。
  • 高温はデバイスの誤動作を引き起こす可能性があり、パフォーマンス監視または時系列グラフを介して追跡することができます。
  • ファンの動作で潜在的な問題が特定された場合は、関連するハードウェア機器が高温になって障害が発生する可能性があるため、ファンを交換します。

ネットワーク上のすべてを監視

WhatsUp Gold の無料試用版をお試しください。