Hero-Image-Big-1

マイクロソフト Azure クラウドサービスの監視

ネットワークインフラストラクチャでの、Azure の使用状況を統合的に監視し、使用料金も追跡します。

無料試用版のダウンロード お問い合わせ

Azure の使用状況をしっかり把握

Azure クラウド環境の使用状況を一目で確認できます。何か問題があれば、ドリルダウンして原因を解明し、速やかに解決することができます。

毎月の請求書明細をチェック

Azure の請求書が、Azure 使用状況を正確に反映した請求額になっているか、使用状況と請求書の両方を突き合わせてチェックします。データがあれば、コスト削減できる可能性がないかについても、検討できます。

Azure 使用の最適化

未使用のクラウドリソース、またはあまり使っていないクラウドリソース、に対して支払いが発生していませんか?使用しているクラウドリソースを把握することが、Azure リソースの最適化とコスト削減への第一歩です。長期的な傾向を追跡すると、より的確な最適化が可能になります。

azure-1024x665

Azure のクラウドリソース使用状況を監視

Azure クラウドリソースに対しては、稼働中であれば支払いが発生します。それらのクラウドリソースを使用していない場合は、無駄な出費を重ねていることになります。Azure を監視することで、Azure 使用を最適化することができます。Azure の使用量や請求額が事前設定されたパラメータを超えた場合に警告通知するよう設定することもできます。

Microsoft 任せにしないで、しっかりチェック

Azure ポータルには大量の情報がありますが、ネットワークの他の部分は監視の対象になっていません。Azure API を使用して Azure を監視すると、クラウドリソースの使用状況の詳細をネットワーク全体の監視に統合できます。Microsoft が用意するものだけでなく、チェックしたいものをしっかりチェックして、問題に発展しそうな兆候があれば警告通知するよう設定することができます。また、数か月から数年にわたる傾向を分析して、Azure の使用を最適化することもできます。

ネットワーク問題が発生したとき、問題が Azure にあるのか、オンプレミスの問題なのかを、迅速に解明することが可能です。

過去の季節ごとのクラウド使用量を分析して、Azure 使用を最適化し、不必要な部分に関する支払いを回避できます。

Azure の請求額を追跡し、設定したしきい値を超えたら警告通知を受け取るよう設定できます。

コスト削減策を検討するのに使える、Azure クラウド使用量と、請求額をわかりやすく表示するレポートを作成します。

ご存知ですか?

多くの組織は、クラウドリソースの使用状況を追跡することをしないで、ただ、クラウドサービスプロバイダから請求される毎月のクラウド使用料金を支払っています。請求額が大幅に増加しない限り、クラウドリソースを実際に使用しているかどうか、といったことを注意深くチェックすることはありません。Azure 監視を実装すれば、自分たちで主体的にチェックし、クラウド使用量に応じた正当な料金を請求されているかを確認できます。あまり利用していない Azure サービスがないかどうかもチェックして、クラウドサービス利用を最適化できます。Azure 関連で問題があれば、通常はエンドユーザーが問題に気付く前に識別して対処を開始することができます。