As The Web Turns 30, The Digital Dark Age is Coming

Web 30周年に寄せて: デジタル暗黒時代の脅威

World Wide Web は、今月(2019年3月12日)30周年を迎えました。お祝いムードが漂っているようですが(America Online CD と Yahoo! チャットルームの時代から、どれほど遠くまで来たことかと思うと感慨深いです)、インターネットが引き起こす問題が解決する問題を上回り始めているようにも思えます。

World Wide Web(インターネットではなく)の創設者であると考えられている Tim Berners-Lee 氏は、インターネットの30周年に関する公開書簡 で、次のように書いています。

「Web は、公園、図書館、診察室、店舗、学校、デザインスタジオ、オフィス、映画館、銀行、そしてさらに様々なものになりました。もちろん、新しい機能、新しい Web サイトすべてに関して、オンラインを利用する人としない人との間の分断が拡大しており、すべての人が Web を利用できるようにすることが強く希求されています。

そして Web は、社会から取り残されたグループに発信のチャンスを与え、私たちの日常生活をより住み心地良くするための機会を生み出した一方で、憎しみを広めようとする人々に発言を許して、あらゆる種類の犯罪をより簡単に実行できるようにもしました。」

Berners-Lee 氏は、本質的なポイントとして、Web をこれほど卓越したものにした特質が、同時に欠点にもなると指摘しています。

デジタル暗黒時代の脅威の高まり

この公開書簡の中では Web に内在する性質ゆえの欠点がいくつか挙げられていますが、Berners-Lee 氏が言及していなかった1つの欠点について、ここで考察してみたいと思います。それは、デジタル暗黒時代への増大する脅威です。

普通の人々が World Wide Web にアクセスし始めるようになって以来、人々は自らのデータを公開してきました。データを簡単に共有できることには大きなメリットがありますが、それはまた、インターネットが生活のあらゆる側面をコントロールすることを許容することも意味します。そのこと自体は本質的に悪いことではありませんが、最近の傾向が示唆しているように、大きなリスクにさらされることにもなります。

技術が進歩するにつれて、歴史の大きな部分が失われたり書き直されたりしています。豊富なコンテンツが、古いシステムやCD、磁気テープ、本などの古いメディアに存在するためです。MySpace や Friendster などのソーシャルメディアの原型的なサイトで何が起こったのか考えてみてください。多くの人が昔のプロファイルへのアクセスをもう持っていないのではないでしょうか(そのような昔のウェブサイトを覚えていたり使ったことがある場合についての話ですが)。

私が1999年に作ったビデオゲームのチートコードに関する Angelfire の Web サイトは、どこかにあるはずなのですが、見つけられませんでした。たとえこの古い Web サイトが見つかったとしても、ログイン資格情報を見つけることができるでしょうか。正直言って、私は20年前に使っていたメールアドレスを思い出すことさえできません。

何が言いたいかというと、作成して今大切にしているコンテンツとデータが将来もアクセス可能であり続けるという約束はないということです。1,000年後の人が、21世紀初頭を振り返って何が起きたのかを知ることができるでしょうか。

もちろん、今日ではクラウドが、デジタルの歴史を失うことのないようにするための重要な役割を果たすでしょう。しかし、これまで長年にわたってデータを維持するための真摯な努力がなされてこなかったとしたら、将来的にはずっと良くなるはずだと言われても説得力に欠けます。

デジタル化された過去のデータを失うことは良いことだと思う人も、そう思わない人もいるでしょう。私は両方の組み合わせだと感じています。消去したい古いデータの例としては、恥ずかしいと感じる古い写真や、今の自分にとって不都合な配慮に欠ける記述などがあります。保持したいデータとしては、10年前に50ドルで購入した古いビデオゲームの保存ファイルなどが考えられるかもしれません。これらはわずかな例ですが、古いデータがどこにあるかに無頓着であれば、手の施しようがありません。

デジタル化したデータをバックアップし続け、必要のないものを削除する以外の選択はありません。データが現在保存されているサーバーファームは、将来的には空き倉庫になっている可能性もあります。自分のデータはしっかりコントロールし、新しいテクノロジーが登場してもデータにアクセスできるかどうかを確認するべきです。保持したくない場合は、そのデータを削除することも同程度に重要です。

過去何十年もの間、企業ではこういったデータ保管を磁気テープの形で続けてきましたが、そういった種類のストレージでも有効期限があります。データの保存期間が長くなればなるほど、データが破損したり消去されたりし、データに再度アクセスする手段もなくなります。

マルウェアやサイバー攻撃によるデータ損失

そして、マルウェアやサイバー攻撃の問題が日常的に発生しているという問題があります。古いデータは、不可逆的な方法で削除、破損、または暗号化されてしまう危険があります。多くのセキュリティアナリストが、大規模なサイバー攻撃が広範囲にわたるインフラストラクチャを占拠してしまうことがあり得ると警告しています。電源が切れると、データが存在するサーバーは停止し、おそらくバックアップも停止します。

データ損失は、現実の災害で何もかもなくなってしまうことと同じではないと考える人もいるかもしれませんが、その考えは間違っているかもしれません。2年前の WannaCry サイバー攻撃でNHSがダウンしたとき、医療システムが機能しなくなって患者を他の施設に物理的に移送しなければなりませんでした。事故や病気で救命処置を待っているときに停電してしまえばどんなことが起こりますか?

最後の審判のような最悪のシナリオはさておき、私たち全員のデータを保護し、バックアップするのは私たち一人一人です。私たちは、Google、Amazon、Apple といった会社が、私たちのためにそのような作業をしてくれると信頼することはできません。実生活やデジタル生活がかかっているので、自分たちで意識的に最適な記録管理方法を模索する必要があります。「もし」という問題ではなく、「いつ」という問題です。

WhatsUp Gold をお試しください