Supporting Edutech on a Budget

限られた予算で教育分野のサポート

edutech-1024x512.jpg

初等教育から後期中等教育までの学校ネットワークの帯域幅需要は増加する一方なのに教育予算は縮小される傾向があるので、小中高等学校のITを担当する部門が教育分野を支援するために可能なテクノロジーを効果的に活用するのは、簡単な課題ではありません。

教育分野を支援するためのテクノロジーのニーズが高まり、ネットワーク需要も拡大

EdTech によると、米国の学校区で教育分野を支援するためのテクノロジーへの需要が爆発的に増大し、ネットワーク容量が前年比で60%増加するのは珍しいことではないとのことです。これは、容量のニーズが18カ月でほぼ倍増していることを意味します。学校のネットワーク容量の需要が急増する要因はいくつかあります。

  • 大量のモバイル・デバイスがどんどん学校ネットワークに追加されていること。企業戦略は学校を神聖化することはなく、テクノロジーを展開できる分野を模索します。多くの学校で、教室外でも生徒間、生徒と教師、教師間でコミュニケーションできるよう、BYODポリシーを採用するようになりました。デバイスの普及に伴い、より多くのネットワーク容量が必要になります。
     
  • 教育向けテクノロジーの典型、ネット接続教室は、学校ネットワークに大きな負荷。プロジェクトのオンライン・コラボレーション、授業を補うためのストリーミング・ビデオの視聴、または教室で生徒の注意を引きつけるゲームは、すべて強力な教育用ツールになります。しかし、突然中断が発生したり、ネットワーク・パフォーマンスが悪過ぎたりすると、悲惨な結果を招く可能性があるので、十分余裕が必要です。
     
  • 学生管理がネットワークで行われるようになったこと。学習管理システムは、記述式テストを作成したり採点したりする手間と時間がかかる作業を軽減します。オンライン・テストはまた、学生と両親にタイムリーなフィードバックを提供します。これらのシステムにも、大量のネットワーク容量が必要になります。

教育予算の管理

ITへの支出は比較的好調に推移していますが、増大する教育向けテクノロジーの需要に追いつくほどの予算は学校にはありません。多くの学校システムが予算削減に直面しています。一方、 デジタル教育センターによると、2016年には連邦の E-Rate プログラム(合衆国の学校や図書館に通信とインターネットアクセスのための割引きを提供するプログラム)に15億ドルが追加提供されました。

地域の学校のIT予算を計画する際には、短絡的な視点にとらわれず、輝かしい新技術に目を奪われないことが重要です。学校は、長期的視点をとることで、将来的な技術ニーズに対してより適切に対応できるよう備えることができます。限定された予算の中で将来計画を立てるためには、次のような点を考慮することをお勧めします。

非デジタル・リソースへの割り当て分の再利用

教科書は段階的になくなっていくと思われるので、そのための予算は技術プロジェクトに配分することができます。同じことが、地球儀、地図、定期刊行物などの学習ツールにも当てはまります。不必要になるかもしれない非デジタル・リソース用の予算は、デジタルの等価物の支払いに充てなければなりませんが、ほとんどの場合、デジタルの方がコストが低く、メンテナンスもより簡単になります。

デバイス、ネットワークのアップグレード、専門サービスへの支払い方法を長期的視野で見直す

ハードウェアは購入することもオプションに入れて、複数年にわたるレンタル支払いにすると、年間予算から多額に出費することを避けられます。ネットワーク・インフラストラクチャについても、同様に、分割払いにできないか考慮すべきです。また、補助金の対象になるかどうかといったこともよく調べてみましょう。

ネットワーク監視ツールの利用

ネットワーク監視ツールは、予算が厳しい教育関係部門にとって特に重宝です。何人ものマンパワーに相当する機能を有するので、より少ない人員でより多くのことを行うことができます。ネットワークとそのアプライアンスとアプリケーションを単一のコンソールから監視できるツールもあります。大局的視点から、最小限のサポートスタッフでネットワークの問題を迅速に解決できます。このようなツールを使うことで、IT担当者はネットワークの応答時間を監視し、アプリケーションの使用状況をチェックし、問題のトラブルシューティングを迅速に行うことができます。レポート機能が充実していれば、将来のネットワーク容量の需要も予測でき、予算計画に役立ちます。

ある学区のIT部長は EdTech magazine に次のように話しました。「アメリカの産業界は、私たちの部署の人数で私たちが運用しなければならない規模のネットワークを運用することはないでしょう。私たちがこのような大規模ネットワークを運用できるのは、ひとえに非常に効果的なネットワーク・ツールのおかげです。」

IT部長はさらに続けます。「ITスタッフはしばしばオーバーヘッドとして見られ、学区はITの人員を最小限に抑えようとします。ネットワーク・ツールを使用することは、生身の人間でないスタッフを増員することに匹敵します。チームメンバーのようなものですが、福利厚生や給与に出費する必要はありません。」

教育支援テクノロジーが21世紀の教室の重要な要素であることは確実です。テクノロジーが高度化するにつれて、必要なネットワーク容量も膨れ上がります。学校は時代を先取りする長期的解決策に投資し、IT部門がより少ない労力でより多くのことを行うことを可能にするネットワーク監視ツールを実装することで、未来のために今から準備する必要があります。

WhatsUp Gold をお試しください