WhatsUp� Gold Network Configuration Management

WhatsUp Gold ネットワーク設定管理で業務をシンプルに

ネットワーク・インフラストラクチャ管理者にとって、業務をシンプルにすることは究極の願いでしょう。エンドユーザーからだけでなくIT部門のメンバーからさえIT環境のパフォーマンスに関する苦情が届き、問題解決のために絶え間なく走り回らなければなりません。

また、より生産的な仕事をしてキャリアアップを目指そうとする場合、定型的なネットワーク管理に時間を取られ過ぎることは是非避けたいところです。ネットワークデバイスの設定を監視し、ネットワーク問題があった場合に素早く検出して簡単にトラブルシューティングできる方法があれば、多くの悩みが解決できです。

ネットワークデバイスの設定ファイルを効率的に管理することは重要です。意図しない設定変更や悪意ある設定変更は、ネットワーク環境に影響を与えます。少なくとも、ネットワーク・インフラストラクチャのパフォーマンスを低下させ、エンドユーザーの生産性が悪化する可能性があります。

最悪の場合は、SOX、PCI、HIPAA、FISMA、GDPR などの規制基準を遵守できず、重大な罰金が科される可能性があります。設定の変更は、ネットワークのセキュリティを損ない、サイバー脅威にさらされる可能性を広げます。このような問題は、ひいては組織に対する芳しくない評判につながります。

ネットワーク設定管理の7つの効果的な機能

上述のような観点から、WhatsUp Gold の設定管理モジュールに目を向け、「業務をシンプルに」という課題をクリアしたネットワーク管理者の方はたくさんいらっしゃいます。ネットワーク設定管理ソリューションは、デバイス設定と変更管理を自動化し、ネットワーク部門に次の7つの機能を提供します。

  1. ネットワーク管理タスクの自動化:設定バックアップの実行、ユーザーの追加/削除、ファームウェアの更新、SNMP文字列の変更などの管理ジョブを自動化するタスクを準備します。自動化で余裕ができた時間をより重要で生産的な業務にあてられるだけでなく、退屈な反復プロセスを実行するときに発生する人的エラーも防ぐごとができます。
  2. 定期的なバックアップのスケジュール設定:サイバー犯罪がはびこる今日の環境では、最新のバックアップがいつでも利用できるよう、定期的にバックアップをとることが強く推奨されています。ハッキングされて、ネットワーク設定が攻撃しやすいように変更されてしまった場合も、迅速に復旧できます。
  3. 変更管理の自動化:設定が変更されたときにネットワークデバイスからトラップを受信し、警告通知を Slack、IFTTT、SMSまたは電子メールで送信します。新しい設定のバックアップをとるポリシーを設定したり、古い設定と新しい設定をテキストベースで比較して違いを強調表示する変更解析を実行することができます。
  4. 設定ポリシーの定義:<パスワードの暗号化>や、SNMPコミュニティの文字列として<パブリック>が設定されないようにする、などといったポリシーが、すべてのデバイス設定で一貫して適用されるようにします。独自の設定ポリシーを定義して、新しいデバイス設定のコンプライアンスを自動的に検証することもできます。
  5. 定期的なコンプライアンス監査のスケジューリング:主要な規制に準拠した、組み込みの最適な設定情報を活用して、データセキュリティ要件にコンプライアントなベストプラクティスを実施できます。実行中のすべての設定の自動監査をスケジューリングして、規定に準じた設定がされていることを文書化することもできます。
  6. 新しいネットワークデバイス導入の合理化:ネットワークマップに追加する新しいデバイスは、アーカイブされた設定をダウンロードするだけで簡単に導入できます。問題があった場合、デバイスに既知の確認済み設定をリストアして停止時間を最小限に押さえられます。どちらの場合でも、設定をゼロから構築する場合と比較すると大幅な時間の節約になります。
  7. 複数デバイスの一括設定変更:パスワードを毎月変更することが義務付けられている場合など、デバイスのパスワードを1つ1つ変更しなくても一括変更機能を使って自動的に処理するようスケジューリングできます。

クラウド管理もシンプルに

オンプレミスとクラウドの両方を展開するIT環境をサポートしている場合、クラウド・リソースも監視できる WhatsUp Gold はシンプルな業務の実現に有益です。Amazon Web Services、Microsoft Azure などのクラウド・プラットフォームを監視し、クラウド内のすべてのリソースのステータスとパフォーマンスのレポートを提供し、しきい値ベースの警告を送信します。クラウド環境を自動的に検出してマッピングすることもでき、単一のダッシュボードから、リアルタイムでネットワークトラフィック全体を可視化できます。

WhatsUp Gold では、データを長期間保存して長期の傾向を追跡することもできます。多くのクラウド・プロバイダが保存する基準の60日間や90日間を大きく超えます。毎月のクラウド利用料金を記録する利用料ダッシュボードでクラウド利用にかかる料金をチェックすることができます。予算を超過しないよう、利用料金のしきい値を超えたら警告するように設定することもできます。上級管理者などに向けたレポートも簡単に作成できます。

WhatsUp Gold をお試しください