Can Your Network Handle Blended Learning?

ネットワークでブレンディッドラーニングを処理できますか?

ジョージア州最大学区の大規模ネットワークインフラストラクチャサービス部門への評価は、ネットワークパフォーマンスと可用性の高さに応じて下されます。学区内に140の学校があり、高評価を得るのは容易なことではありません。

オンラインテストの要件

学区は、標準化されたオンラインテストのマイルストーン評価システムの対象になっています。「ジョージアマイルストーン」として知られるこのテストは、英語、数学、科学などの主要教科に関する州の基準に基づいて、学生の知識を測定します。

IT 部門は、ジョージアマイルストーンをオンラインで中断なく配信する責任があります。

学区の IT 責任者の言葉: 「私たちには、140の学校のすべての生徒が同時にインターネットサービスにアクセスできるようにする必要があるという指令が下されています。」

もしオンラインテストがうまく実施できなかったとしたら、学校の内部ネットワーク、インターネットサービス、またはオンラインテストサービス自体のどれかに原因がある可能性があります。いずれにしても、まず IT 部門が責められることになります。

学区の IT 責任者の言葉:「IT は、IT の責任でないと証明されない限り、責任を負わされます。」

ブレンディッドラーニングの追加

ブレンディッドラーニングは、従来の教育手法に、デジタルメディアを介したコンテンツと指導と組み合わせた学習方法です。IT 部門は、学区のブレンディッドラーニング・プログラムをサポートするため、データセンターに SAFARI Montage をインストールし、ビデオストリーミングライブラリとオンラインツールを用意しました。

関連ブログ:ニュージャージーの高校のネットワーク管理

学区の IT 責任者は、「このプロジェクトが成功するかどうかは、教師がカリキュラムに必要なブレンディッドラーニングを取り入れるために、ネットワークが中断のないパフォーマンスを提供できるかどうかにかかっています。」と話します。

技術上の最大の難関は、ネットワーク上のトラフィックの急激な増加を管理することですが、ブレンディッドラーニングに関わる部分はその一部です。

学校のシステムは、個人所有デバイスの持ち込みを許可する BYOD ポリシーを制定しており、各生徒は5つのデバイスをネットワークに接続することができます。すべての学生がインターネットサービスに同時にアクセスできる必要があり、最大で180,000台を超えるデバイスが学校のネットワークに接続している可能性があります。

ネットワーク監視によって学校のネットワークのパフォーマンスを保持

IT 部門では、長年にわたって WhatsUp Gold を使用して、LAN、WAN、およびインターネットサービス全体のネットワークトラフィックと帯域幅使用率を監視しています。

WhatsUp Gold は、すべての学校のコアルーターのインタフェース、エッジスイッチ、ワイヤレス LAN コントローラを監視します。オンラインテストやブレンディッドラーニングのパフォーマンスに影響する問題が発生すると、WhatsUp Gold からリアルタイムで警告が IT 部門に通知され、教師や生徒が問題を認識するより前に、問題に対処することができます。わかりやすいインタラクション・マップからドリルダウンして、速やかに根本原因を解明して、解決につなげることができます。履歴レポートを分析して、ネットワーク最適化を検討することも可能です。

関連ブログ:限られた予算で教育分野のサポート

IT 部門は、WhatsUp Gold のレポート機能を利用して、様々な説得力のある文書を作成できます。可視化された情報を確認することで、教師の側も、積極的にカリキュラムにオンライン教育ツールを組み込むことができます。学区のIT部門は、ネットワーク監視によって、学区のブレンディッドラーニング・プログラムをスムーズに稼働させるのに成功しました。

学校でも、企業でも、ネットワークを利用する限り、スムーズな運用にはネットワーク監視は不可欠です。無料試用版をダウンロードして実際に試してみることをお勧めします。

WhatsUp Gold をお試しください