リモート学習への移行に WhatsUp Gold が大きく寄与

新型コロナウイルスのパンデミックにより、世界中で学校閉鎖が強いられたとき、教育機関の IT 部門は大変な調整作業をすることになってあわてましたが、Jeff Ryan 氏は比較的冷静でした。 ダンビル地域教育学区の情報技術部長である Ryan氏は、2019年に教育学区のほとんどの生徒が Chromebook を使えるように環境を整えました。2020年3月に COVID-19 のための登校制限が始まったとき、他の教育機関の IT 部門長と同様、膨大な数の学生・生徒をリモート学習に移行させるという課題に対峙しました。

ダンビル地域教育学区では、2,500人の学生、教職員、スタッフ全員が同時に学校のネットワークにアクセスし、これまでの想定をはるかに超えるトラフィック負荷を処理できるようにする必要がありました。Ryan 氏の IT部門では、わずか数週間で、必要なソフトウェアをすべての人に提供し、リモート学習プロセスを開発し、教師たちに必要なハードウェアを提供してリモート学習のためのトレーニングを実施することができました。

このスムーズな移行には、すでにダンビル地域教育学区で使用していたネットワーク監視ソフトウェア、WhatsUp Gold が大きく寄与しました。リモート学習で停止や接続不良が起こらないよう、稼働時間と接続性の確保が極めて重要です。Ryan 氏は、何か問題になりそうな兆候があったとき、それが教師や生徒に影響を与える前に、その兆候を検知する必要がありました。WhatsUp Gold の強力なネットワークトラフィック分析機能を活用して、サーバー、アプリケーション、Meraki ワイヤレスアクセスポイントの帯域使用量を追跡できます。ISP が予期しない停止を起こしたときは、すぐにそれに対処することができました。アクセスポイントが過負荷になり始めたときも、速やかに調整できました。そして、何百人もの教師・生徒が大量のビデオのストリーミングを開始して、トラフィック量が 600GB を超えても、ボトルネックや中断がないことを、WhatsUp Gold で確認できました。

Ryan 氏の IT 部門では、インタラクティブなネットワークマップを提供する WhatsUp Gold を使用して100近くのデバイスをプロアクティブに監視しています。問題になりそうな兆候があればリアルタイムのアラートが各自の電話に直接送信されるので、エンドユーザーに悪影響が及ぶ前に問題解決に取り組むことができます。Ryan 氏は、「私は何かがダウンしているのに気が付いて驚かされるという状況が嫌いです。ですから、WhatsUp Gold のダッシュボードが気に入っています。私にとって何が重要かによってカスタマイズでき、ネットワーク全体のスナップショットをすぐに取得できます。」と話しています。

ダンビル地域教育学区がハイブリッド学習モデルへの切り替えを行ったとき、IT 部門が自信を持ってワークロードを処理できると判断できたのは、WhatsUp Gold を使っていたからです。「今日では、何か少しでもうまくいかないと、その影響は多大です。子供たちは本当に遅れをとってしまいます。」と、Ryan 氏は説明します。「すべてが2台目のモニターに表示され、簡単にチェックできるので、中断が起こらないように万全の体制が整っていると言えます。」

Jeff Ryan 氏が WhatsUp Gold を活用して整備した、革新的で効果的なリモート学習環境についての詳細は、この YouTube のビデオでご覧いただけます。また、導入事例は、こちらからお読みいただけます。

WhatsUp Gold をお試しください