Cisco Discovery Protocol (CDP)?

Cisco Discovery Protocol(CDP)とは何か?

ネットワークのダイナミクスは変化し続けるので、ネットワーク管理の効率化のためには、最新のネットワークインベントリを維持することは不可欠です。Cisco Discovery Protocol(CDP)はネットワーク検出ツールであり、ネットワーク管理者やエンジニアが隣接するシスコデバイス、特に下位層の透過プロトコルを実行しているデバイスを特定するのを支援します。

CDPはレイヤ2プロトコルであり、ルーターやスイッチを含むすべてのシスコデバイスでデフォルトで有効になっています。Subnetwork Access Protocol(SNAP)をサポートするすべてのLANおよびWANメディアで実行されます。

検出プロトコルの一部として、60秒ごとに、CDPパケットが、SNMP メッセージを受信できる少なくとも1つのIPアドレスで有効になっている各デバイスへのマルチキャストアドレスで送信されます。各メッセージの情報は、デバイスとオペレーティングシステムのバージョンによって異なります。SNMP メッセージには、ハードウェアプラットフォーム、IPアドレス、ホスト名、デュプレックス設定、CDPデバイスのアクティブインタフェースなどの情報を含めることができます。CDPを実行するための要件は、インタフェースが SNAP をサポートすることだけです。

Cisco Discovery Protocol:メリットと機能

ネットワークの可視性を必要とするサービスプロバイダには、CDPは次のような点で有用です。

  • 様々なネットワーク層プロトコルとリアルタイム転送プロトコルを使用して、デバイスとその設定内容を検出
  • WANリンクの反対側の誤って設定されたルーターまたはスイッチのIPアドレスの検出
  • Type-Length-Value(TLV)フィールドのトラブルシューティングを支援

上述のように、シスコデバイスではCDPはデフォルトで有効になっていますが、Cisco ルーターを有効にする必要がある場合は、”Router (config)# cdp run” コマンドを使用してください。単にCDP設定をチェックしたい場合は、”Router (confog)# show cdp” コマンドを使用します。

CDPは、VMware を実行しているEXOS仮想マシン環境でも機能します。CDPを使用すると、特定の vSwitch に接続されている Cisco ポートを判別できるだけでなく、ソフトウェアバージョンやデバイスIDなどのCisco スイッチのプロパティを表示できます。CDPバージョン1はネイティブ VLAN 情報をシスコスイッチ間で渡すことを禁止していますが、バージョン2はネイティブ VLAN 情報を渡すことができます。

Cisco Discovery Protocol は、デバイスやネットワーク関連の問題のトラブルシューティングに役立つ診断ツールとして使用できます。IEEE 801.1ab バージョンの Link Layer Discovery Protocol(LLDP)で使用される場合、シスコ以外のデバイスはネットワークデバイスに情報をアドバタイズすることもできます。

詳細なネットワーク監視

CDP は、シスコネットワークデバイスの最新のインベントリを維持するプロセスを簡素化する検出プロトコルツールですが、可能なのは物理接続のレイヤ2 検出だけです。シスコデバイスを含むネットワークトポロジーのより詳細なビューを取得するには、レイヤ2 検出に加えてレイヤ3 検出も含むネットワーク監視ソフトウェアを使用する必要があります。ネットワーク監視ソフトウェアは、ログファイルと、デバイスステータス、応答時間、ダウンタイムなど、ネットワーク内のすべてのデバイスに関する詳細情報を提供する必要があります。

プログレスの WhatsUp Gold は、コアルーターのブリッジテーブルのIPレンジスキャンまたはSNMPスマートスキャンから開始し、コア、Windows、ワイヤレス、仮想インフラストラクチャなどの詳細なマップを生成する、強力な レイヤ2/3検出機能を備えています。ネットワーク問題が発生すると、何が原因なのかを診断する必要がありますが、ネットワーク接続を示す一目でわかりやすいトポロジーマップを使って、速やかなトラブルシューティングが可能です。