new-wug-hero

トポロジー検出

トポロジー検出は、ネットワークデバイスとリンクを検出してマッピングする、ネットワーク監視の効率を高めるために不可欠なプロセスです。

ネットワークトポロジーは、ネットワークがどう構成されているかを示すもので、ネットワークを介してどのように通信するかもネットワークトポロジーによって異なります。ネットワークデバイスとリンクを検出してマッピングするトポロジー検出は、ネットワーク監視には不可欠です。

仮想インフラストラクチャとモバイルコンピューティングの登場で、現在のネットワークは動的に変化することが多く、ネットワークの稼働状態の監視、ボトルネックや障害の特定、最適なネットワーク効率の確保のためには、トポロジーを自動検出する必要があります。

レイヤ 3 検出で、デバイス、デバイスロール、その属性が特定できます。次のような検出があります。

SNMP 検出

SNMP 管理ソフトウェア (検出ツールに存在) は、ネットワークの SNMP 対応デバイス(ほとんどすべてのデバイスは SNMP 対応)に対してクエリを実行します。デバイスと SNMP マネージャは MIB (管理情報ベース) データを交換します。これらの SNMP クエリと応答に基づいて、デバイスの存在場所、デバイスロール、属性などの詳細が入ったネットワークマップが作成されます。

アクティブプローブ

アクティブプローブでは、検出ツールはネットワークを介して軽量の実行可能ファイル (「プローブ」パケット) を送信します。プローブはネットワークをスキャンし、安全な通信チャネルを介してデバイス関連のデータを検出ツールに送り返します。

ルート分析

OSPF や EIRGP などのプロトコルを使用してネットワークをマッピングする手法です。

WhatsUp Gold のトポロジーマップ

WhatsUp Gold は、数分でネットワークをスキャンし、レイヤ 2 とレイヤ 3 の両レベルの情報に基づいて詳細なトポロジーマップを生成します。WhatsUp Gold は、レイヤ 3 で SNMP 検出、IP アドレススキャン、ホストファイルのインポートなど、レイヤ 2 で ARP キャッシュ検出や Ping スイープなどのテクノロジーを使い、ネットワークデバイス検出とマッピングを行います。トポロジーマップからドリルダウンして、迅速にトラブルシューティングを行うことができる効率的なソリューションです。

network-topology-map WhatsUp Gold のネットワークトポロジーマップ

ネットワーク上のすべてを監視

WhatsUp Gold の無料試用版をお試しください。

無料試用版のダウンロード 製品説明ウェビナーを視聴