application-performance-monitoring

データシート

アプリケーションパフォーマンス監視

アプリケーションパフォーマンス監視は、WhatsUp Gold の Total Plus エディションに含まれる機能です。統合製品として、Premium、MSP、分散型の各エディションにも追加可能です。

商用アプリケーションの監視

すぐに使えるアプリケーション・プロファイルを使うと、Linux システム、Apache ウェブ・サーバー (Linux ベースでも、Microsoft ベースでも)、Microsoft の Exchange、SharePoint®、 Dynamics、Lync®、SQL Server®、DNS、Internet Information Services (IIS)、Active Directory®、Hyper-V®などの可用性とパフォーマンスを効率よく監視することができます。Microsoft 用のアプリケーション・プロファイルは、すべて、アプリケーションをどのように監視するべきか、アプリケーションや監視しているコンポーネントの状態が変化したときにどのようなアクションをとるべきかが指定された Microsoft 監視のベスト・プラクティスに準拠した設定になっています。[コピーして編集]機能を使って、イプスイッチの認定アプリケーション・プロファイルをカスタマイズすることも簡単にできます。

自社開発アプリケーションの監視

直感的に使いやすいプロファイル作成ユーティリティを使うと、簡単に手際よくカスタム・アプリケーション・プロファイルを作成したり、既存のプロファイルを調整したりすることができます。WhatsUp Gold は、ターゲットのサーバー上で可能なサービスやプロセスをすべて検出して、メニューを表示します。詳細なパフォーマンス・マトリクスを監視する必要がある場合は、MIB ブラウザを使えば何千もの SNMP オブジェクトへのアクセスを得られますし、何千もの Windows® パフォーマンス・マトリクスを含む WMI ライブラリも見られます。

アプリケーション状態の高度な監視

アプリケーションの状態を正確に定義して監視し、SLAを遵守できるようコントロールできます。アップ、警戒、ダウン、メンテナンス中、不明、といったアプリケーションの状態を設定して、それぞれについてしきい値を指定します。例えば、メモリ使用率が80%を超えたら警戒状態で、90%を超えたらダウン状態にあると設定します。このような設定によって、IT部門は早期警告を受け取ることができ、パフォーマンス問題がビジネスに悪影響を与え始める前に対処することができます。コンポーネントがクリティカルか非クリティカルかを指定し、ダウンになった場合もそれが非クリティカルなら SLA に影響が出ないよう調整できます。IIS を SharePoint の監視コンポーネントと指定するなど、コンポーネントとアプリケーション・レベルの依存関係を定義して適切に監視し、警告の嵐を防ぎます。

WhatsUp Gold ネットワーク監視ソリューションでネットワーク上のすべてを監視

 

無料試用版をダウンロード 製品説明ウェビナー