virtualization-monitoring

データシート

仮想環境監視

仮想環境監視は、WhatsUp Gold の Total Plus エディションに含まれる機能です。
統合製品として、Premium、MSP、分散型の各エディションにも追加可能です。

仮想環境を使うと、必要なサーバー容量を柔軟に提供できるので、サーバー容量の必要量が変化したときにスムーズに対応できます。常に最大容量を確保する必要がないため、ハードウェア・コストと全体的な総所有コストを削減できます。しかし、その複雑さのために、ユーザー、アプリケーション、ビジネスが要求する可用性とパフォーマンスを保つのが非常に困難になります。仮想インフラのパフォーマンスをリアルタイムでチェックできる機能と同時に履歴情報も必要です。仮想環境のパフォーマンスを分析するには、ネットワーク、物理サーバー、アプリケーションを含むITインフラ全体を把握できていなければなりません。
仮想環境監視は、この要請に応えるため、仮想のホストとゲストを検出、マッピングし、パフォーマンスを監視し、警告し、レポート作成します。

仮想環境監視は、ITインフラストラクチャ全体 – ネットワーク、物理サーバー、アプリケーション – を把握した上で、仮想環境のパフォーマンスについてのリアルタイム情報と履歴情報をわかりやすく視覚化します。そのためにまず、ネットワーク上の VMware および Hyper-V のホストとゲスト、およびクラスタを検出します。

ホスト、ゲスト、ホスト/ゲスト関係、クラスタとリアルタイムのステータスを表示する Hyper-V および VMware インフラストラクチャの動的マップを自動生成します。

すべての仮想ホストと属性のリストを最新状態に保ち、仮想環境をリアルタイムで監視します。ホストとゲストの CPU、メモリ、ディスク、インタフェース使用量などのリソース消費量やパフォーマンスを監視します。また、vCenter サーバーと Hyper-V サーバーの可用性とパフォーマンスを監視し、移行状況をリアルタイムで追跡します。

WhatsUp Gold ネットワーク監視ソリューションでネットワーク上のすべてを監視

 

無料試用版をダウンロード 製品説明ウェビナー