new-wug-hero

仮想化アーキテクチャ

1つの制御ポイントから物理リソースと仮想リソース、ネットワークデバイス、アプリケーションをコンリスト的に管理します。

ホスト型とベアメタル

仮想化システムを実装する前に、データセンターで使用する仮想化アーキテクチャの種類を決定する必要があります。仮想化アーキテクチャには、ホスト型とベアメタルという 2 つの主要なタイプがあります。

ホスト型アーキテクチャ

ホスト型アーキテクチャでは、オペレーティングシステム (OS) が最初にハードウェアにインストールされます。次にソフトウェアであるハイパーバイザがインストールされます。このソフトウェアは、複数のゲストオペレーションシステム、または仮想マシン (VM) をハードウェアにインストールするために使用されます。アプリケーションは、物理マシンと同じ方法で仮想マシンにインストールされ、実行されます。ホスト型仮想化アーキテクチャは、ソフトウェア開発、レガシーアプリケーションの実行、異なるオペレーティングシステムのサポートという面で、より有用です。

 

ベアメタルアーキテクチャ

ベアメタルアーキテクチャでは、ハイパーバイザは、基盤となるオペレーティングシステムの上ではなく、ハードウェアに直接インストールされます。VM とそのアプリケーションは、ホストされたアーキテクチャと同じ方法でハイパーバイザにインストールされます。ベアメタル仮想化アーキテクチャは、リアルタイムアクセスを提供するアプリケーションや、データ処理を行うアプリケーションにとって、メリットがあります。

ゲスト OS はハイパーバイザと通信するため、そのパフォーマンス統計値は、ゲスト OS を介して測定される物理的なハードウェアパフォーマンス統計ではなく、物理的なハードウェアパフォーマンスを反映しません。したがって、パフォーマンス統計値の信頼性は高くありません。ゲスト OS に割り当てられるリソースは常に変化するので、パフォーマンスの指標としてベースライン偏差を使用することは得策ではありません。仮想ゲストがハードウェアリソースを共有するので、パフォーマンス問題の解明やトラブルシューティングも困難になります。このように、仮想化によってネットワークに新たな複雑性が加わるため、物理リソースと仮想リソース、ネットワーク デバイス、アプリケーションを 1 つの制御ポイントから統合的に管理する仕組みが必要になります。

WhatsUp Gold の仮想環境監視

仮想環境監視ソフトウェアは、物理リソースと仮想リソースを自動的に検出、マッピング、 監視し、インフラストラクチャ内のどこに発生した問題でも、警告通知して、根本原因を迅速に特定することができます。仮想環境監視は WhatsUp Gold の統合製品 (WhatsUp Gold Total Plus エディションには搭載) であり、 仮想サーバーのパフォーマンス統計情報にも、物理サーバーからの情報にも、単一のダッシュボードからアクセスできます。

ネットワーク上のすべてを監視

WhatsUp Gold の無料試用版をお試しください。

無料試用版のダウンロード 製品説明ウェビナーを視聴