Enable and Configure SNMP

ネットワーク監視のための SNMP 設定

簡易ネットワーク管理プロトコル、SNMP を使ってネットワークに接続されたデバイスを監視することができますが、Windows、Linux/Unix、Cisco で SNMP を有効にして設定するには、経験と知識なしには難しいかもしれません。このブログでは、プログレスの WhatsUp Gold で SNMP を設定するためのガイドを提供したいと思います。

SNMP とは?

SNMP(Simple Network Management Protocol)管理ソフトウェアは、SNMP 対応のプリンタ、ハブ、スイッチ、サーバー、ルーターなどのネットワークデバイスを管理し監視するために使用されます。SNMP は、アプリケーション・レベルの IP ベース・プロトコルで、今日最も広く使用されているネットワーク監視および検出技術であり、ほとんどのハードウェア・メーカーが SNMP 対応デバイスを提供しています。 

この技術は現在、IP(インターネットプロトコル)ネットワーク管理のための最良の選択であると考えられています。そのため、SNMP は幅広いハードウェア・デバイスとネットワーク管理ソフトウェア・パッケージでサポートされています。最も重要な点は、SNMP が多数のネットワーク・デバイスに配備され、管理対象ノードへの影響と転送要件が最小限に抑えられ、他のネットワーク・アプリケーションに障害があってもできる限り継続して稼働可能なように設計されている点です。

MIB について

SNMP 技術の中核には、管理情報ベース(MIB)があります。MIBは、使用可能な各デバイスに関するデバイス関連情報(変数や定義として格納)を含むデータベースのような構造になっています。たとえば、ルーターの MIB には、ネットワークトラフィックと転送情報が含まれます。スイッチの MIB には、スパニングツリー、VLAN、ブリッジング情報が含まれています。サーバーの MIB には、CPU、メモリ使用率、ロケーション、稼働時間などのデータを含めることができます。

MIB 内の各オブジェクトは、ユニークなオブジェクト識別子によって識別されます。MIB は、SNMP マネージャと SNMP エージェントが従うべき基準を搭載しています。各 SNMP エージェントは、管理対象デバイスのパラメータに関する詳細情報を提供する情報データベースを保持します。SNMP マネージャはこのデータベースを使用してエージェントに特定の情報を要求し、その情報をネットワーク管理システム(Network Management System、NMS)用に変換します。このように、エージェントとマネージャの間で共有されるデータベースが MIB です。

SNMP の使用例

SNMP 技術は広範に使用されていますが、多くの人々が知りたいのは、ネットワーク監視のためにはどのように SNMP を有効にして設定するかという点でしょう。以下では、ネットワークを簡単に管理できるプログレスのインフラストラクチャ監視ソフトウェア、WhatsUp Gold で、Windows、Linux/Unix、Cisco に関して SNMP を有効にし、設定する方法を見ていきます。

アクティブ監視はデバイスにインストールされたネットワークサービスにクエリを送信し、応答を待ちます。パフォーマンス監視はデバイスの特定のプロパティに関するデータを収集し、それを視覚的に表示します。パッシブ監視はデバイスから送信される特定の種類の情報をチェックします。

これらのオペレーティングシステムで SNMP を設定する前に、SNMP 機能に関連する重要なコンポーネントについて説明します。

SNMP の重要コンポーネント

帯域幅の監視は、ネットワーク管理やトラフィック監視ソフトウェアにおいて非常に重要な要素です。トラフィックの種類や帯域幅の使用状況を十分に把握することなく、ネットワーク帯域幅の可用性を適切に確保することはできません。WhatsUp Gold は、各帯域幅がどのように使用されているかの詳細情報を含む重要な帯域幅使用状況に関する情報を提供します。WhatsUp Gold は、Cisco の NetFlow、NetFlow-Lite、NSEL、Juniper の J-Flow、sFlow、そして IPFIX プロトコルなど、様々なベンダーのテクノロジに対応でき、これらのプロトコルの生データを帯域幅使用状況を示すデータに変換する機能を備えています。

WhatsUp Gold ソリューションは、SNMP を利用して、ネットワーク・パフォーマンスの監視と管理を行い、ネットワーク問題をレポートしてトラブルシューティングに寄与し、将来のネットワーク拡張に備えて準備を整えられるようにします。この柔軟なテクノロジは、様々なオペレーティングシステム、種々のデバイスに使用可能です。WhatsUp Gold には、ユーザーがデバイスに割り当てることができる3種類の SNMP 監視 - アクティブ監視、パフォーマンス監視、パッシブ監視 - が含まれています。

SNMP は、ネットワーク上のデバイスを監視するために使用され、世界中でよく使用されているいくつかの監視ツールは SNMP をベースにしています。WhatsUp Gold もその1つで、SNMP の概念とその仕組みを理解した上で作成されており、様々な環境に適応できます。

Windows での SNMP の有効化と設定

Windows でSNMP を有効化する最初のステップは、Server 2008 以上の場合、SNMP 機能を追加することです。機能/コンポーネントを追加したら、サービスから SNMP サービスをダブルクリックします。

SNMP サービスの設定には2つの重要なポイントがあります。[トラップ]タブで、Windows ホストからの SNMP トラップの送信先と、それらのトラップが使用するコミュニティ名を指定します。[セキュリティ]タブでは、読み書き可能なコミュニティ名を指定し、WhatsUp Gold サーバーへのアクセス許可を設定することができます。設定を適用したら、SNMP サービスを再起動してこれらの設定を有効にすると完了です。

Linux/Unix での SNMP 設定

Linux/Unix では、snmpd.conf を設定する必要があります。詳細は、snmp_configsnmpd.conf に記述されています。以下に基本的なサンプル設定を示しますが、より多くの設定を行うことも可能です。/etc/snmp/snmpd.conf を設定したら、snmpd を再起動します。

snmp blog 1

Cisco デバイスの SNMP 設定

Cisco デバイスの SNMP 設定は、タイプによって若干の差異はありますが、ほぼ同じです。以下のドキュメントをご参照ください。

WhatsUp Gold を使うと、ネットワーク監視が簡単になります。無料試用版をお試しください。

WhatsUp Gold をお試しください