SNMP について

簡易ネットワーク管理プロトコル (Simple Network Management Protocol、SNMP) は、ネットワーク管理ソリューションと SNMP 対応デバイスの間で情報を交換する IP ベースのアプリケーション層プロトコルです。

ネットワークハードウェアのベンダーは、デバイスに SNMP サポートを組み込み、ネットワーク監視のためのアクセスを可能にしています。SNMP を使って、効率的なネットワークパフォーマンスの管理を行うことができます。

SNMPは、ネットワーク管理言語と見なすことができます。ほとんどのネットワークコンポーネントに SNMP 機能が組み込まれており、ほとんどのネットワーク監視ソフトウェアが SNMP をサポートするので、簡易ネットワーク管理プロトコルは、ネットワーク管理のデファクトスタンダードとなっています。

SNMP は、ネットワークインフラストラクチャを監視するために設計されたアプリケーションレベルのプロトコルと定義でき、デバイスの状況を可視化します。デバイス固有ではなく、異なるベンダーのデバイスを同時に監視することができます。

SNMP はポーリングして情報を収集します。ネットワーク監視ソフトウェアはクライアント (マネージャ) として機能し、SNMP エージェント(デバイス自体で実行されているコード)に UDP パケットを送信します。エージェントは、ポーリングに応答して、事前定義されたメトリクスを含む SNMP パケットをクライアントに送り返します。このようにして、監視ソフトウェアは、様々な異なるデバイスから統計情報を収集、レビュー、分析します。

管理情報ベース (Management Information Base、MIB)

SNMP の重要なコンポーネントは、管理情報ベース (MIB) です。これは、デバイスから収集するデータに関する階層的に編成された情報を含むテキストファイルです。MIB はすべての SNMP 対応デバイスに含まれており、プロトコルによって監視ソフトウェアで使用可能な形式に変換されます。階層は重要であり、異なるベンダーベースのデバイスの管理可能なすべての機能が名前と番号で適切に整理され、オブジェクト識別子 (Object Identifier、OID) を構成します。

SNMP に関しては、情報を収集するためのポーリングに加えて、マネージャからの要求に応答するのではなく、異常があった時にエージェント側からマネージャに通知することもあります。これは「SNMP トラップ」と呼ばれるもので、デバイスに特定の状態変化があったときにクライアント (マネージャ) に通知できるように事前設定できます。制御コマンドの設定は、クライアント (監視ソフトウェア) がデバイスの設定変更を行えるようにするもう 1 つの SNMP 機能です。

ほぼすべてのベンダーが SNMP をサポートしているので、このプロトコルはネットワーク管理システムのスタンダードになっています。どこにでも使われているという遍在性は、SNMP の設定を複雑なプロセスにする可能性があります。ネットワーク管理ソリューションは、SNMP の展開と設定が簡単に行えるよう、包括的な仕組みを提供する必要があります。

WhatsUp Gold と SNMP

WhatsUp Gold は、ルーター、スイッチ、サーバー、ファイアウォール、オペレーティングシステム (Windows、Unix と Linux を含む) など、SNMP v1、v2、v3 が有効なデバイスの監視をサポートしています。WhatsUp Gold は、強力な監視機能に加えて、SNMP MIB Walker、Explorer、複数の SNMP 変数のプロービングとトレンド分析などを含め、Web ベースの SNMP 監視管理ツールの完全なセットを提供します。

ネットワーク上のすべてを監視

WhatsUp Gold の無料試用版をお試しください。

無料試用版のダウンロード 製品説明ウェビナーを視聴