snmp-management

ベスト・プラクティス

SNMP を使用した監視

簡易ネットワーク管理プロトコル (Simple Network Management Protocol、SNMP) は、IP ベースのアプリケーションレベルのプロトコルであり、最も広く使用されているネットワーク検出および監視テクノロジーです。ほとんどのハードウェアデバイスは、SNMP 対応になっています。

管理情報ベース (MIB)

SNMP の重要なコンポーネントは、管理情報ベース(Management Information Base、MIB)です。MIB は、各デバイスのデータベースであり、デバイス関連の情報が変数や定義として格納されています。例えば、ルーターの MIB にはネットワークトラフィックと転送情報が含まれ、 スイッチの MIB にはスパニングツリー、VLAN、ブリッジ情報が含まれ、サーバーの MIB には CPU、メモリ使用率、場所、稼働時間などに関するデータが含まれていると想定できます。MIB 内の各オブジェクトは、一意のオブジェクト識別子 (OID) によって識別されます。

SNMP のしくみ

SNMP は、SNMP マネージャとエージェント間で SNMP 情報を交換することで機能します。マネージャはネットワーク管理ツールに存在するソフトウェアモジュールで、エージェントソフトウェアはベンダーによってネットワークデバイスに組み込まれています。

マネージャは、まず、SNMP クエリを行い、エージェントソフトウェアから送信された応答を調べてデバイスを識別して特定します。その後、デバイスに定期的にポーリングして、デバイス関連の情報を取得します。ネットワーク監視ツールは、情報を記録し、分析し、 デバイスのパフォーマンスと状態を監視します。また、SNMP 制御コマンドを使用してリモートデバイスを設定できます。管理者は、「SNMP トラップ」(ユーザー定義のしきい値に達したときにマネージャに送信されるデータパッケージ)を設定することもできます。トラップはアラームをトリガーし、ネットワーク管理ツールは電子メールや SMS 通知など、設定された形式でアラーム通知を行います。

SNMP は、ルーターやスイッチなどのネットワークデバイスを包括的に監視できるだけでなく、ネットワークサーバーの監視にも使用できます。記述されたサーバーのハードウェア、物理的な場所、IP アドレス、使用可能なディスク容量、サーバーの稼働時間などの詳細を、SNMP を使用して監視できます。また、バージョン、インストール済みアプリケーション、サービス(WINS、DHCP、IIS など)、依存関係などのソフトウェアの詳細は、すべて MIB 値として利用可能です。SNMP で、ディスクスペース、リソース(メモリ/CPU)使用率、ローカルユーザー、共有、およびディスクボリュームも監視できます。物理サーバーだけでなく、仮想サーバーも SNMP で監視できます。例えば、VMware ESX サーバーには、管理者が要求をポーリングしてトラップを設定できる、組み込み SNMP エージェントが含まれています。

WhatsUp Gold と SNMP

ネットワーク監視ソフトウェアの WhatsUp Gold は、SNMP (および Telnet、WMI、SSH) を使用してサーバーを監視します。Windows、Linux、Unix を含む各種オペレーティングシステムで、SNMP v1、v2、v3 対応サーバーを監視できます。MIB Walker(デバイスサポートを評価するため)、MIB Manager(MIB エラーを識別するため)、MIB Explorer(MIB を検証するため)などの Web ベースの SNMP ツールも付属しています。

SNMP 関連ブログ

WhatsUp Gold ネットワーク監視ソリューションでネットワーク上のすべてを監視