case-study

導入事例

Klein Steel は、WhatsUp Goldで機械の稼働状況を監視

Klein Steel では、WhatsUp Gold を活用して、在庫システムや、鉄鋼を切断したり処理したりするすべての高性能デバイスのネットワークを監視しています。

Klein Steel は、オフィス内のコンピュータに加えて、高圧ウォータージェット切断機など、特殊な機械の稼働状況を監視するためのネットワーク監視ツールを必要としていました。鉄鋼の先端企業として常時稼働している必要がある機械がたくさんありますが、WhatsUp Gold を使用してネットワークを監視し、5つの施設で機械に中断がないかをチェックできるようになりました。パンデミックの間は、リモートワーカーに必要なリソースの情報も提供しました。

 

;

「私は、数百、文字通り数百の単一障害点を持つネットワークを引き受けました。そして、今は、単一障害点はただ1つです。WhatsUp Gold を主要的に使用して監視しており、何がダウンしたか、いつダウンしたか、なぜダウンしたかについてのレポートが表示されます。」 -- Rob Smura 氏、Klein Steel 上級システム管理者

Klein Steel は、ニューヨーク州北部にある大規模な鉄鋼サービスセンターです。同社は、全国のメーカーへの鉄鋼の加工と販売に注力しています。バッファロー、ロチェスター、シラキュースに散在する5つの施設では、鉄鋼を切断して処理するための様々な機械、高出力レーザー、87,000 PSI 高圧ウォータージェット切断機、プラズマカッター、および種々の鋸引き、穴あけ、せん断、機械加工システムが使われています。

Klein Steel では、上記のような鉄鋼を切断する機械はネットワークに接続されており、約200人の社員もネットワークに大きく依存しています。機械が中断なく稼働していることは非常に重要ですが、同社のIT部門にはネットワーク監視ソリューションがありませんでした。IT 部門では、施設の作業員から電話を受けてはマイナーな問題を修正するということが常でした。Klein Steel は、このようなしょっちゅうかかってくる電話を減らし、IT 部門への問い合わせも削減できるネットワーク監視ソリューションを必要としていました。

Klein Steel の上級システム管理者である Rob Smura 氏は、Klein Steel に入社するずっと前からプログレスのネットワーク監視ソリューション、WhatsUp Gold のユーザーであり、WhatsUp Gold ネットワーク監視機能の詳細を知っていました。Smura 氏は、WhatsUp Gold を導入すれば非常に効果的で、Klein Steel の5つの施設の作業効率が上がることがわかっていました。

WhatsUp Gold ネットワーク監視ソリューションでネットワーク上のすべてを監視