hero-gray

帯域監視ツール

NetFlow、J-Flow、および sFlow を使用して、ネットワーク帯域幅とアプリケーションのトラフィックを監視します。

無料試用版をダウンロード 詳細

WhatsUp Gold の帯域監視ツールは、エンドポイント (ユーザー)、ポート、インタフェース、プロトコル (アプリケーション) ごとにネットワークトラフィック量を収集、監視、分析します。

業務上重要なアプリケーションに適切なネットワーク帯域幅を確保

 

重要でない、または未承認のネットワークトラフィックの影響を最小限に抑える

 

負荷のピーク時にネットワーク帯域幅を大量に消費しているプロセスを特定

 

潜在的な DDoS 攻撃や、外部からのポートスキャンなどを検出して警告通知

 

WhatsUp Gold 帯域監視の機能

WhatsUp Gold は、ネットワークのすべての領域 (デバイス、アプリケーション、サーバー、リンク接続、専用回線など) の帯域使用量を追跡し、ネットワーク帯域幅の使用率とトラフィック分析に関する詳細情報を提供します。容量計画の際に参考にすることができる履歴レポートを作成し、セキュリティ関連の問題の兆候があれば通知します。

リアルタイムの帯域幅監視

インタフェース/リンク/アプリケーション/ユーザー/プロトコルが、どのようにネットワーク帯域幅を消費しているかが、リアルタイムでわかります。WhatsUp Gold は、LAN、WAN リンク、特定のデバイスの帯域幅使用率を強調表示できます。内部および外部のトラフィック送信元/宛先を識別します。また、帯域幅使用率の高いトップスピーカー、トッププロトコル、トップアプリケーションを検出してわかりやすく表示します。

QoS ポリシーの適用

デフォルトでは、各ネットワークチャネルは最善努力原則で動作します。これは、業務上重要な VoIP サービスも、ユーザーによるビデオコンテンツのストリーミングも、すべてのアプリケーションがデフォルトでは同じ優先順位で動作することを意味します。したがって、ビジネスクリティカルなアプリケーションが十分な帯域幅を確保するためには、 QoS (Quality of Service、サービス品質) ポリシーを策定して適用することが不可欠です。WhatsUp Gold では、サービスの種類に応じたサービス品質 (QoS over ToS) - LAN/WAN に対する DSCP、Cisco の CBQoS (Class Based Quality of Service) と NBAR (Network Based Application Recognition) 分類メカニズム - を適用することができます。

データの経時的変化を把握

ある期間内のトラフィックパターンと使用状況を調査し、データを分析することで、帯域幅の使用状況を把握し、ボトルネックになりそうな箇所がないかをチェックすることができます。履歴データを利用して、ハードウェア/帯域幅の効率的な配分を考慮したキャパシティ計画を立てることができます。95パーセンタイルレポートを使って帯域サービス契約の妥当性を確認することも可能です。

帯域使用状況の異常を検出

WhatsUp Gold を使って帯域使用量をリアルタイムで監視し、履歴データと照らし合わせることで、DDos 攻撃、不正なダウンロードやその他の疑わしいネットワーク上の動きのようなセキュリティ問題を、プロアクティブに特定できます。監視されていないポートへの高いトラフィックフローを識別したり、ファイル共有やビデオストリーミングなどの不正なアプリケーションを検出したり、送信元と宛先のペア間のトラフィックを監視したり、接続の失敗を検出したりすることで、セキュリティに関するフォレンジックと分析を支援します。

WhatsUp Gold で帯域幅を監視

WhatsUp Gold は、ネットワーク帯域幅とアプリケーショントラフィックを監視するために、NetFlowJ-Flow、および sFlow を使用します。フロー対応のルーターやスイッチを自動検出し、フローデータを収集して送り返すよう設定します。WhatsUp Gold はデータを分析し、ネットワークトラフィックの詳細情報や履歴データ、サービスの種類に応じたサービス品質情報を提供します。上位プロトコル、上位送信者、上位アプリケーションなどを示す包括的なレポートも作成します。

network-traffic-monitoring-homepage-1024x665 WhatsUp Gold トラフィック分析ダッシュボード

無料試用版をダウンロード

フォームの各フィールドに必要事項を記入して WhatsUp Gold の無料試用版をダウンロードしてください。

Something went wrong. Please try again. Loading animation

ダウンロードのためのリンク先アドレスを受け取るためには有効なメール・アドレスが必要です。

ダウンロードのためのリンク先アドレスは、メールでお知らせします。

最新のシステム要件は、こちらをクリックしてご参照ください。

帯域幅と帯域幅監視について

帯域幅とは何か?

帯域幅とは時間単位のデータ転送量と理解することができます。つまり、3MB/秒は1秒あたり3MBを送信します。1秒あたりのレートが高いほど、帯域幅が広くなります。ネットワーク上で IP アドレスを持つすべてのデバイスは、帯域幅を使用します。

なぜ帯域幅を監視するのか?

帯域幅使用の監視は、ネットワーク管理における最も重要な要素の1つです。トラフィックの種類と帯域使用率に関して包括的に把握できていなければ、帯域幅の適切な可用性を確保することは不可能です。

帯域使用率

どのユーザー、アプリケーション、ホストが、重要な帯域幅を消費しているのかを把握します。 詳細 ->

LAN 帯域幅監視

LAN リンク全体のトラフィックと帯域幅の使用状況を監視します。 詳細 ->

サービス品質

サービス品質 (Quality of Service、QoS) は、ネットワークリソースを管理するための一連のテクニック/パラメータです。 詳細 ->

帯域幅監視の仕組み

  • SNMP を使う方法

    この方法では、帯域幅監視ツールは、ネットワーク上の SNMP 対応デバイスに SNMP クエリを送信します。クエリを受け取ったデバイスは、MIB (Management Information Bases、管理情報ベース) に格納されているデバイス主体の情報を送り返します。この情報には、ネットワーク帯域幅使用量データを含めることができます。監視ツールは送り返されたデータを分析することでネットワーク帯域幅の使用状況を監視します。

  • NetFlow を使う方法

    NetFlow は、デバイス間のネットワーク帯域幅使用量に関するさまざまな統計情報を収集してネットワーク帯域幅を監視する、Cisco の監視プロトコルです。NetFlow は、共通の特性(ソース/デスティネーション IP とポート、IP プロトコル、入力インタフェース、タイプオブサービスの値)を有する一連のパケットとして定義される「フロー」に基づいています。これらの特性は、シスコの NetFlow 7-ple キーで定義されています。NetFlow はネットワークデバイスのインタフェース上で有効にして「フロー」を監視するようにすることができます。7つのフィールドに一意の値を持つ一連のパケットがフローを構成し、すべて同じ値を持つ後続のパケットは同じフローへの増分としてログ記録されますが、値が1つでも異なるものが来たら、現フローが終了し、新しい別のフローが開始されたとみなします。設定可能なタイムアウトに達するか、特定のフロー終了パケットに遭遇するとフローは終了します。フローデータは UDP パケットとして NetFlow コレクタに送信され、NetFlow コレクタでデータを分析し、ネットワーク帯域幅の監視(帯域幅使用状況、ネットワークトラフィックの詳細、ネットワークのトレンドと異常、帯域幅消費のピークとボトム、パフォーマンスメトリックなど)を行います。